月経の過ごし方

おむつも落ち着き、授乳も一段落つくと、多くのお母さんの場合、生理が再開しますね。

 

紙おむつの成分と紙ナプキンの成分はほとんど同じです。

生理がきたら、紙製品だけではなく、布ナプキンもあるし、トイレでの排血もできます。おむつなし育児と同じですね。紙もあるし布もあるけど、トイレもある。

 

今の布ナプキンは、かわいいものがたくさん出ています。

洗い方も簡単になるような工夫がありますし、体にも環境にもやさしい洗剤も出ています。

 

とくに、女の子のママは、お子様が初潮を迎える頃かその前に、こんなやりかたもあるんだよ、と伝えてみてください。閉経まで続く生理、最初にこういう話しをきいておくとどれだけ生理が楽になることでしょう。

 生理に関して、さいしょに教わる知識は一生物です。

 

 

【成分】              紙おむつ& 紙ナプキン

表面材・・・ポリオレフィン

吸収材・・・吸収紙・綿状パルプ・アクリル系高分子吸収剤

防水材・・・ポリオレフィン系フィルム

 

 

【量】

・赤ちゃんのおしこの量は、一回20~180ccくらい

・ちなみに大人は、一回150-400cc(人によって個人差があります。)

 

・月経血の量は、生理の期間の全体で50~250ccくらいが正常とされています。平均150cc。お料理の計量カップ1杯にも満たない量です。

 

【女の子の赤ちゃんのママ!】

 

お子様が初潮を迎えたら、紙だけではなく、布もあるしトイレも使えるよ、と伝えてみてくださいね。

 布ナプキンは、オーガニックのものやかわいいデザインのものも販売されています。一緒にちくちく手づくりするのも!愛着がわきます。

 

【オーガニック布ナプキンが買えるお店】

プリスティン http://www.pristine.jp/
 

 

【参考図書】

・布ナプキンの作り方 

  『ひろがれひろがれエコナプキン』角張光子,地湧社

 

・生理を楽しむ&月経血コントロール 

  『女は毎月生まれかわる』高岡英夫&三砂ちづる、2004, ビジネス社

      『忘れられている女性の身体に”在る”力 昔の女性はできていた』三砂ちづる、2008, 宝島社 

  『生理が楽しみになる本』京谷奈緒美&松島むう、2012, 講談社

  『女性のからだと卵子のひみつ 卵子story』きくちさかえ&鈴木賀世子2004, 小学館

 

・ナプキンの歴史

   『生理用品の社会史 タブーから一大ビジネスへ』田中ひかる、2013, ミネルヴァ書房

 

 

(イラスト↓)