おむつなし育児研究所 京都サロン

 おむつなし育児研究所京都サロンは、2008年に発足した京都を拠点とする子育て支援の任意団体です。トヨタ財団による研究助成「『赤ちゃんにおむつはいらないー失われた身体技法を求めてー』主任研究者 三砂ちづる」の一環「快適!おむつなしクラブ」(2008年)に参加し、その成果を京都市内を中心に伝え続け、2013年現在の名称となりました。

 

 日本に伝わる赤ちゃんのお世話を伝承し、現代でも簡単にできる0歳からのおまるの使い方を紹介し、すこやかな赤ちゃんが育つことを目的にしています。


 ウェブサイトでの情報提供,講演会、ワークショップ、講座、出版を通じて活動を行っています。

 

 

                               代表 西山由紀

 

 

 

 

【主な活動実績】

・2014年 環境省ESD環境教育プログラムを当研究所東京サロンと共同開発、採択される。「日本に古くから伝わる赤ちゃんのお世話で美しい地球を救おう」。

 

・2014年 日本科学未来館で開催の企画展「トイレ?行っトイレ!ぼくらのうんちと地球の未来」、おむつなし育児ブースの展示監修協力。

 

「DO YOU KYOTO?」「京と地球の共生府民会議」「ごみ減量推進会議」構成団体。

 文化庁「市民からの文化力」登録承認団体。


・2014年度助成金:京都府府民力再生プロジェクト、京都新聞社会福祉事業団子育てを応援 助成、京都市ごみ減量推進会議「平成26年度市民等からの提案によるごみ減量モデル事業」。


 

 

 

 

西山由紀(Yuki NISHIYAMA) プロフィール】

 

おむつなし育児講師。

 

心とからだをすこやかに育てる「0歳からおまる」のすばらしさと、効果や実践法を伝えている。

五感が育ち、ゴミも減る、地球と赤ちゃんにやさしい子育てのくらしの文化を普及。

 

日本で昔ながらのおむつとお世話が見直されはじめた2008年、次男とおむつなし育児を実践して感動。京都を中心に伝えはじめる。

 

周りに経験者がいなかったため試行錯誤をくり返し、これからはじめる人たちが困らないようにと書いた本が出版される。

 

2008年から、サロン、講演会、ワークショップ等を定期的に開催し、母親たちに寄り添うと同時に、ブース出展等により啓蒙活動をおこなう。これまでに約3800人が参加。

 

おむつとゴミ問題にも取り組み、地域のコミュニティづくりや、0歳の心と体の健康について考えている。

 

新潟生まれ。京都在住。新潟大学大学院博士課程修了。元・大学講師。現在はときどき仏語翻訳にたずさわる。自然育児友の会ネット会員。元・NHK文化センター梅田教室講師(おむつなし育児)。おむつなし育児研究所研究員。二児の母。

 

        

  ● 2008年4月〜津田塾大学三砂ちづる研究室おむつなし研究実践メンバー

      ●2008年7月〜おむつなし育児の会を定期的に開催(「おむつなしサロン」)

  ●2013年10月「おむつなしサロン」は「おむつなし育児研究所 京都サロン」となる。

   *当団体はおむつなし育児研究所の認定団体です。

 

 【主要著書】

やってみよう!おむつなし育児』(柏書房、2011年)、

 

「おむつなし育児」(『助産雑誌』4月号 vol.64, no.4、特別寄稿、2010年)。

 

【おむつなし育児の経歴】

 ☆次男・生後1ヶ月・・・おむつなし育児をはじめる。

 ☆生後3か月・・・家にいるとき、日中のおむつをはずす。

 ☆生後6ヶ月〜・・・8ヶ月間のイヤイヤ期。

 ☆生後13ヶ月ころ・・・夜もおむつを汚さなくなったので、おむつをすっかりやめる。

  その後・・・赤ちゃんの粗相にもさらに慣れ、せっせと掃除をする。

 

 ☆2歳・・・行きたくなるとひとりで勝手にトイレに行くように。

 ☆2歳9か月・・・排泄が完全に自立する(ひとりでトイレに行ってズボンを降ろして拭いてまた履いて出てくる)。

 


【おむつなし育児に関連するその他の活動】 

・「月の家」主宰。月経血コントロール、きもの暮らし、おむつなし育児を通して、カラダにとっての「快適」や「楽しさ」を見出す。効率や利便性にとらわれず、自由な発想で「暮らし方」を考えようというプロジェクトを開催中。 

 

・おむつなし育児のネットショップ「トゥントゥンケ」(現在お休み中)。 

・「寝ながらきくシター 〜癒しのまどい〜」たまに開催。

 

 

【サイト】

  「ぽんぽこりんのうち」http://sites.google.com/site/francecithare/

   ブログ http://blog.goo.ne.jp/kiki_24

 

   twitter yuki NY

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西山由紀(Yuki NISHIYAMA) プロフィール】

 

おむつなし育児講師。

 

心とからだをすこやかに育てる「0歳からおまる」のすばらしさと、効果や実践法を伝えている。

五感が育ち、ゴミも減る、地球と赤ちゃんにやさしい子育てのくらしの文化を普及。

 

日本で昔ながらのおむつとお世話が見直されはじめた2008年、次男とおむつなし育児を実践して感動。京都を中心に伝えはじめる。

 

周りに経験者がいなかったため試行錯誤をくり返し、これからはじめる人たちが困らないようにと書いた本が出版される。

 

2008年から、サロン、講演会、ワークショップ等を定期的に開催し、母親たちに寄り添うと同時に、ブース出展等により啓蒙活動をおこなう。これまでに約3800人が参加。

 

おむつとゴミ問題にも取り組み、地域のコミュニティづくりや、0歳の心と体の健康について考えている。

 

新潟生まれ。京都在住。新潟大学大学院博士課程修了。元・大学講師。現在はときどき仏語翻訳にたずさわる。自然育児友の会ネット会員。元・NHK文化センター梅田教室講師(おむつなし育児)。おむつなし育児研究所研究員。二児の母。

 

        

  ● 2008年4月〜津田塾大学三砂ちづる研究室おむつなし研究実践メンバー

      ●2008年7月〜おむつなし育児の会を定期的に開催(「おむつなしサロン」)

  ●2013年10月「おむつなしサロン」は「おむつなし育児研究所 京都サロン」となる。

   *当団体はおむつなし育児研究所の認定団体です。

 

 【主要著書】

やってみよう!おむつなし育児』(柏書房、2011年)、

 

「おむつなし育児」(『助産雑誌』4月号 vol.64, no.4、特別寄稿、2010年)。

 

【おむつなし育児の経歴】

 ☆次男・生後1ヶ月・・・おむつなし育児をはじめる。

 ☆生後3か月・・・家にいるとき、日中のおむつをはずす。

 ☆生後6ヶ月〜・・・8ヶ月間のイヤイヤ期。

 ☆生後13ヶ月ころ・・・夜もおむつを汚さなくなったので、おむつをすっかりやめる。

  その後・・・赤ちゃんの粗相にもさらに慣れ、せっせと掃除をする。

 

 ☆2歳・・・行きたくなるとひとりで勝手にトイレに行くように。

 ☆2歳9か月・・・排泄が完全に自立する(ひとりでトイレに行ってズボンを降ろして拭いてまた履いて出てくる)。

 


【おむつなし育児に関連するその他の活動】 

・「月の家」主宰。月経血コントロール、きもの暮らし、おむつなし育児を通して、カラダにとっての「快適」や「楽しさ」を見出す。効率や利便性にとらわれず、自由な発想で「暮らし方」を考えようというプロジェクトを開催中。 

 

・おむつなし育児のネットショップ「トゥントゥンケ」(現在お休み中)。 

・「寝ながらきくシター 〜癒しのまどい〜」たまに開催。

 

 

【サイト】

  「ぽんぽこりんのうち」http://sites.google.com/site/francecithare/

   ブログ http://blog.goo.ne.jp/kiki_24

 

   twitter yuki NY